ストレージの選び方

スペックの選び方
 
       
悩み
悩み

ストレージの選び方が知りたい!

こんな悩みが、頭の中をグルグルしていませんか?

 

 

パソコンを買う時は、ストレージのタイプと大きさに注意しましょう。

 

ストレージ(データを保存する場所)には、SSDやHDDといったタイプがあります。

 

結論ですが、これからパソコンを買うならSSDがおすすめ。SSDは少し高いのですが、メリットが大きいです。

SSDとは?

 

SSDの大きなメリットとしては、

  1. 読み書きが早いので、起動やアプリがすぐ開く
  2. 音が静か(目を閉じると、起動しているかわからない)

などが、あげられます。

 

ストレージにSSDを選ぶと、すぐに体感出来るほどの違いを感じることが可能です。

 

ほかのパーツを高性能にするよりも安く、効果が高い場合が!

今回は、そんなストレージの選び方について、紹介してみたいと思います。

 

さらに、

こんな人
こんな人

大きさ(容量)は、どれくらいが良いの?

こんな人
こんな人

足りなくなったら、増やせるの?

こんなモヤモヤも解決します。

 

この記事を参考にすると、モヤモヤが解決してさっぱりとした気持ちになれますよ!

  • ストレージとは
  • ストレージの種類と選び方
  • 大きさ(容量)の選び方

ストレージとは?

ストレージはデータを保存する場所

まず、はじめてパソコンを買う方は、

疑問
疑問

ストレージってなに?

と、首をかしげてしまいますよね。

 

ストレージとは、データを保存する場所。パソコンには必ず付いているパーツです。

 

そのストレージには、3つのタイプがあります。

3つのタイプはすべて同じ役割をするのですが、性格が違います。

同じ役割をするけど、性格が違う『3つのストレージのタイプ』

ストレージには、3つのタイプがあります。

  1. HDD
  2. SSD
  3. eMMC

 

暗号のようで、わかりずらいですよね。

なので、イメージしやすいように料理にたとえてみます。

 

料理をするときの食材を、考えてみましょう。

 

食材は、まず冷蔵庫に入っていますよね。

この冷蔵庫が、ストレージです。

 

冷蔵庫(ストレージ)には、食材(データ)が入っています。

大きいほど、たくさんのデータを入れることが可能。

 

さらに、冷蔵庫(ストレージ)には3つのタイプがあります。それが紹介した3つです。

 

  1. HDD
  2. SSD
  3. eMMC

 

3つあるタイプはそれぞれ特徴があるので、今度はそれぞれの特徴を説明したいと思います。

SSDが選ばれる理由

ちなみに3つのタイプがあると紹介しましたが、これからパソコンを買うならSSDがおすすめです。

SSDは、他のタイプと比べて値段が高くなりますが、データの読み書きがとても早くなります。

 

起動の時間が半分以下になったり、アプリがすぐに開くようなり、サクサクと作業することができます。

トレージ上手な選び方とコツ

それぞれの特徴やメリット・デメリット

HDD

HDD(ハードディスクドライブ)の略で、一般的な冷蔵庫です。

音楽や写真、アプリのデータなどが保存されます。

HDDは四角い外見をして、中でCDのような円盤が回っています。

中で回転しているので、衝撃が加わるとデータが消えてしまうことも。

持ち運ぶときには、とくに注意が必要です。

 

さらに、HDDは熱くなるのでファンが付いています。そのファンも同時に回転するので、回転音が大きいです。

 

メリットは、値段が安いことくらいです。

HDDは正直あまりおすすめはしません。

ストレージとしては、一昔前のタイプですね。

 

データの読み書きが遅いので、起動時間が長くなり、アプリを開くのにも時間がかかります。

SSD

SSDは(ソリッドステートドライブ)の略で、高性能冷蔵庫に例えることができます。

高性能冷蔵庫は音がしないので、ひっそりした会議室などに置いても気になりません。

 

食材(データ)の出し入れも早く行えることができ、衝撃にも強い特徴があります。

 

食材(データ)が早く出し入れできるので、すぐに料理(作業)することができます。

体感としては、起動時間が半分以下になったり、アプリが一瞬で開くようになります。

 

多くの方は、このSSDを選びます。

eMMC

eMMCは、小型の冷蔵庫に例えることができます。

コンパクトで電力をあまり使わない特徴が。

そのため、主にスマホ用に使われます。

 

パソコン用としては容量が小さく、食材(データ)の出し入れも早くはないので、使いみちが限られます。

 

よほどの理由がない限り、ストレージがeMMCのパソコンは買わないようにしましょう。

(発売されている機種が少ないので、あまり見かけませんが、。)

大きさ(容量)

冷蔵庫(ストレージ)の大きさは、GB(ギガバイト)やTB(テラバイト)の数字で表されます。

この数字はSSDやHDDで、共通の大きさにです。

 

大きさ(容量)は保存するの量によりますが、普通に使うなら500GBあれば十分な大きさです。

もし、使っているうちに少ないと感じたら外付けのストレージ買って、簡単に増やすこともできます。

 

ちなみに、1TB=1000GBです。

この大きさ(1TB)は、DVD(4.7GB)が200枚分以上の大きさになります。

毎日一枚ずつDVDを見ても、半年以上かかる量です。

 

さらに、1TBあれば写真を約25万枚パソコンに保存することができます。

1日20枚撮ったら、12500日分。約34年分に当たります。

音楽でしたら、20万曲くらい保存できます。連続で聞き続けると、365日以上かかります。

 

なので、500GBくらいが値段的にもムダがない大きさです。

ストレージを選ぶときに考えるのは2つ

タイプと大きさを紹介しました。

ストレージを決めるときもこの順番できめると、あなたに合ったストレージを選ぶことができます。

 

  1. ストレージのタイプ
  2. 大きさ(容量)

 

まずは、タイプです。

タイプは3つあると、紹介しましたね。

 

もう一度、したい方はこちら

 

次に大きさ(容量)です。

どのくらいの大きさ(容量)で、どのくらいのデータが保存できるかはこちら

サクサク作業するならSSDがおすすめ

ストレージを選ぶ時は、SSDがおすすめ

ストレージを選ぶときには、タイプと大きさを選ぶことになります。

これから買うならタイプはSSDがおすすめ。

他のタイプよりも値段が高いですが、ここでケチってしまうと、毎日起動の遅いパソコンを使うことになります。

 

大きさ(容量)は、500GBくらいを買ってみて、足りない場合は外付けのストレージのを買って、増やすのがおすすめです。

 

SSDは値段が高いけど、その効果は高い

ココまで読んでいただきありがとうございます。

ストレージは、いくつかのタイプがありますが、買うならSSDがおすすめです。

他のタイプよりも、静か・読み書きが早い・衝撃に強い・コンパクトと多くのメリットがあります。

 

大きさはこちらで紹介した量をご参考に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました