パット決められるパソコンの選び方とは?

パット決められるパソコンの選び方』では、多くのパソコンの中からあなたに合った機種をパッと選ぶための情報を紹介しています。初めて買う方も安心して選べる、とてもわかりやすいサイトです。

プロフィール
ヒロ

1987年生まれ。
このサイトを訪れた人が、気分爽快になるように全力で記事を書いています。
もし、わからないことがありましたらコメント欄からどうぞ!

ヒロをフォローする

お問い合わせはこちら

パソコン形状の選び方

パソコン形状の選び方パソコン形状の選び方

形状の選び方 〜カテゴリー〜

各パソコン形状の選び方 〜メニュー〜

それぞれの形状について

デスクトップ

デスクトップパソコンは名前の由来の通り、机の上などで使うパソコンです。

本体とディスプレイが別になっていて、キーボードやマウスを接続して使う場合がほとんどです。

決まった場所で使用し、使う時は電源が必要。(コンセントが必要で持ち歩いて使うということはできません。)

 

メリット
デメリット
  • 画面が大きい
  • 同じ性能ならノートパソコンよりも安い場合が多い
  • 作業しているときの姿勢が良くなる
  • 色々なパーツが取り付けられる
  • 持ち歩いて使えない
  • 常に電源が必要
  • 本体が大きい
  • キーボードやマウスが必要

 

デスクトップを買うのは、こんな人!

こんな人
こんな人

大きい画面で作業したい

こんな人
こんな人

ゲームがしたい

こんな人
こんな人

自分好みにカスタマイズしたい

→デスクトップの選び方を見る

 

ノートパソコン

ノートパソコンは画面(モニター)と文字を入力するためのキーボード、さらにタッチパッド(マウスのかわりに画面を操作などできる)、バッテリーなどが一体化しています。

そのため電源がない場所でも、自由に使うことが可能です。

ノートパソコンは二つ折り(A4程度のサイズ)にでき、使わないときや持ち歩く時は折りたたむことでバッグなどに入れて持ち歩くことができます。

 

メリット
デメリット
  • 持ち運びが楽
  • スペースを取らない
  • バッテリーで動かすことができる
  • カスタマイズに制限がある
  • デスクトップよりも値段が高い場合が多い

 

ノートパソコンを買うのは、こんな人!

こんな人
こんな人

外出先で作業したい

こんな人
こんな人

机の上をスッキリさせたい

こんな人
こんな人

モバイルノートではできない重い作業を、屋外でサクサク行いたい

→ノートパソコンの選び方を見る

 

一体型

一体型は画面(モニター)とパソコン本体が一緒になっているのが特徴です。

置く場所のスペースが少なくすみ、見た目がスッキリしています。

アップルなども、この一体型を取り入れています。

 

メリット
デメリット
  • 画面が大きい
  • 省スペース
  • キーボードやマウスは、好みのものが使える
  • メンテンス性が低い
  • 常に電源が必要
  • 取り付けられるパーツに制限がある

 

一体型を買うのは、こんな人!

こんな人
こんな人

大きい画面で作業がしたい

こんな人
こんな人

作業スペースをスッキリさせたい

こんな人
こんな人

アップルのパソコンが欲しい

→一体型の選び方を見る

2in1

ノートパソコンとタブレットの両方で使うことができる2in1。

作業する時はノートパソコンとして、移動中や2人以上で見る時はタブレットにしてささっと情報を確認することができます。

折りたたんで切り替えるコンバーチブル型と、画面とキーボードが分離するセパレート型があります。

 

メリット
デメリット
  • ノートパソコン、タブレット両方として使える
  • 色々な状況で使える
  • 持ち物が減る
  • 値段が高い
  • 選べる機種が少ない

 

2in1を買うのは、こんな人!

こんな人
こんな人

ノートパソコンとタブレット両方持ち歩くのがイヤ。

こんな人
こんな人

相手に画面を見せながら作業する。

こんな人
こんな人

色々な状況でも、1台のパソコンを使いたい

→2in1の選び方を見る

モバイルノート

一般的なノートパソコンよりも、軽量でスリムなのが『モバイルノート』です。さらにバッテリーでの作業も長い時間行うことができます。

軽量化のため画面は小さめで、バッテリーでの作業時間を多くするために省エネルギーの部品が使われています。(省エネルギーのパーツは少し性能が低い傾向があります。)

 

メリット
デメリット
  • 軽い
  • コンバクト
  • 電源がなくても長い時間作業できる
  • 性能が低い
  • キーボードが打ちにくい
  • 画面が小さい(14インチ以下が目安)

 

モバイルノートを買うのは、こんな人!

こんな人
こんな人

外出先で軽い作業を行いたい

こんな人
こんな人

コンパクトなパソコンがほしい

こんな人
こんな人

電源がない場所で長時間作業したい

→モバイルノートの選び方を見る

 

タブレット

最近はタブレットの進化が目立ちます。かなり高い性能のタブレットも発売されていて、キーボードを接続してパソコンのように使っている方も増えてきました。

コンパクトでバッグにもサッと収納できるタブレットですが、USBを接続するのに専用の機器が必要だったりと注意が必要です。

 

メリット
デメリット
  • 持ち運びやすい(300gから800g程度)
  • キーボードやマウスを接続することができる
  • 専用のペンが使える機種もある
  • パソコンよりも性能は低い
  • 画面サイズが小さい(大きくても12インチくらい)

 

タブレットを買うのは、こんな人!

こんな人
こんな人

気軽に持ち運びたい

こんな人
こんな人

電子書籍や動画、アプリなどを楽しみたい

こんな人
こんな人

ゲームアプリを使いたい

→タブレットの選び方を見る

パソコン形状の選び方

モバイルノートの選び方

モバイルノートの上手な選び方って? こんな悩みが、頭の中をグルグルしていませんか? パソコンを持っての移動って大変ですよね。 とくに、徒歩や電車での移動は、車と比べて荷物の重さがとて...
パソコン形状の選び方

2in1パソコンの選び方

2in1パソコンの上手な選び方ってなに? こんな悩みが、頭の中をグルグルしていませんか? 2in1とは、2つの機能が1つで出来るという意味を持っています。 例1)消しゴム付き...
パソコン形状の選び方

一体型パソコンの選び方

一体型パソコンの選び方って? こんな悩みが、頭の中をグルグルしていませんか? 一体型パソコンは、モニターのうらに本体があります。 そのため、普段使っている時は本体が隠れて見えないので...
パソコン形状の選び方

タブレットの選び方

タブレットがほしいけど、どれを選んだら良いの? こんな悩みが、頭の中をグルグルしていませんか? タブレットはスマホよりも画面が大きく、パソコンよりもコンパクトなので持ち運びに便利です。 ...
パソコン形状の選び方

デスクトップパソコンの選び方

デスクトップの選び方が、よくわからない! こんな悩みが、頭の中をグルグルしていませんか? デスクトップパソコンは多くのメーカーから発売されているので、どれを選んだら良いのか本当に迷います。...
パソコン形状の選び方

ノートパソコンの選び方

ノートパソコンの選び方って? こんな悩みが、頭の中をグルグルしていませんか? 最近のノートパソコンは性能も高くなりました。そのため、家の中などい同じ場所で使う場合でも、デスクトップではなく...
タイトルとURLをコピーしました